アンケートで、「絵描き」について聞かれたとしたら、あなたはなんと言う?「豚の角煮」って、人によって感じ方が全然違うかもね。

アンケートで、「絵描き」について聞かれたとしたら、あなたはなんと言う?「豚の角煮」って、人によって感じ方が全然違うかもね。

凍えそうな週末の夜は料理を

此の程は、近くの海に釣りに出かけていない。
仕事でとってもめまぐるしく行けないのもあるけれど、めっちゃ暑すぎるから、釣りに行きにくいのもある。
加えて、帰り道に釣り場を観察していても爆釣の様子が全くないから、早く出かけたいとは残念ながら思えない。
たいそううんとあがっていたら行きたくなるのに。

怒って自転車をこぐ君と僕
したいとは思わなかったけれど、筋トレも少しは取り組まなくてはとこのところ思った。
働く内容が異なるものになったからか、最近、体を動かす機会が大変減り、体脂肪がたいそう増した。
また、30歳になったのもあるかもしれないけれど、腹に脂肪がついていて、たいそうみっともない。
多少でも、意識しないとやばい。

ノリノリで話す友達と夕焼け

人によって、物の趣味や気になるものがあると思うが、どんな感じかリサーチするのが好き。
仲のいい子に問いかけてみたところ、お金、スベスベの下着、恋人の事が好きで仕方ないとの事。
さらに、男の人の血管の浮き出た腕。
それと、ヨーロッパ系言語の響き。
私にはわからない。
りんごあめ、素肌の上にニット、アバクロの香水、声の高い女性が好きだと、言ってみた。
同じように分からないと言われた。
まさにこれが、フェチという部類らしい。

蒸し暑い休日の日没に冷酒を
同僚が一昨日朝から釣りに出向いたらしいが、あまり釣れなかったらしい。
雑魚がそこらじゅういて、チヌ釣りが難しかったらしい。
だがイノコの50cmクラスが釣れたらしいから、うらやましい。
昨年、いただいて刺身にして味わったがたいそう味わい深かった。
50cmもあってうまい魚がいると知ってしまったら出かけたくなるが、まだ我慢して今度だ。

そよ風の吹く平日の明け方は食事を

とある晴れの日の午後、少年はママからお使いをことづかって、白菜とねぎと豚肉を買いにいくところであった。
少年はほくそ笑んだ。
今日はお鍋だ!やったぜ!…と。
だが、ありえない事がその後すぐ起きたのである。
なんと、ポケットに入れていたはずのおつかいのための千円札2枚が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーのレジの行列に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがポケットの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその時お金が無い事を知ったのである。
怒られる覚悟を決め、少年は何も持たずに家路につくことにした。
今後は、お金は靴の中か靴下の中に入れることにしよう。
少年は涙をこらえつつ、そう決心した。

凍えそうな日曜の深夜に立ちっぱなしで
歩いてすぐに海があるところに私たち家族は、在住しているので、津波被害を親族が懸念している。
特に東北大震災後は、家がどのくらい海から隔たっているのかとか逃げる場所はすぐ近くにあるのかとか聞いてくる。
自分と家内だって恐れているだけれど、造作なく引っ越し先も見つかるわけではない。
しかれども、確かに津波がやってくるとなった場合に回避する経路を確定していないといけないとそう思うですが、堤防近くしか道がないので、今更ながら、想像したら危ないと理解できた。

悲しそうにダンスするあの子と穴のあいた靴下

今のようにネットが必需品になるとは、子どもだった私は全く予想できていなかった。
物を扱う店舗はこれから競争が激しくなるのではないかと思う。
パソコンを活用し、一番価格の低い物を発見することができるから。
レースが盛んになったところで近頃目につくようになったのが集客のためのセミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

ひんやりした大安の日没は足を伸ばして
学生時代、父も母も、私の友人関係に対し、大いに積極的であることを強いてきた。
普通より遠のいてはいけない、とか。
とっても暮らしにくい時期だったと考える。
学校が終了すると、ほぼ毎日作り話をハキハキと母に告げる。
これで、安心しているのだ。
多少でも変わっていると、変わり者。
こればかり考えていた過去の自分と両親。
かわいそうな話だと思う。

雲の無い大安の午前は昔を思い出す

近所のスーパーで買い出しをしていた。
冷食cornerフライドポテトを選んでいた。
物色していたら、韓国語で書いてある箱を見つけた。
じーっとみると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
先月韓国へ行ったときに、何度も韓国に旅している友達に教えてもらったのがトッポギだ。
ここ日本で冷食になって、あのトッポギが発売されてるなんて、びっくりだった。

余裕で吠えるあの子とよく冷えたビール
ショップ店員さんって私には無理・・・と思うのは自分だけだろうか。
勤務中、完璧にお洒落をしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で働くときはスーツを着ればいいし、お化粧もシンプルで良いとされている。
外出するときは、自分で納得する服装を選べばいいし、家で働くときはワンピース一枚で大丈夫。
このことから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、ファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
私はどうしてもそれに固まってしまい、その場から逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う事の大きい理由の一つだ。


ページの先頭へ